トラック、トラクター、重機買い取りなら広和産業

買い取りについて

2018年04月19日 18時22分

トラクターの買い取り可能な主なブランド

FORD(フォード)
HINOMOTO(ヒノモト)
ISEKI(イセキ)
JOHN DEERE(ジョンディア)
KUBOTA(クボタ)
MASSEY FERGUSON(マッセイファーガソン)
MITSUBISHI(三菱)
SATOH(サトー)
SHIBAURA(シバウラ)
SUZUE(スズエ)
YANMAR(ヤンマー)
その他
 

広和産業で中古コンバインの買い取り

コンバインは自動的に収穫作業を行ってくれる農業機械の優れものです。人手が足りない農家にとっては、猫の手も借りたいぐらい忙しい状態でも、「コンバインがフル稼働してくれれば何とかなる」と言わしめるほどに重宝される機械です。
 
広和産業では、そんな優れもののコンバインの買い取りも行っています。コンバインを査定に出す場合、
 
  • ブランド名
  • 型番
  • 排出タイプ
  • 稼働時間
  • クローラーの状態
を電話やファックスで広和産業に知らせましょう。
 
コンバインの買い取りブランドは以下の通りです。
  • ISEKI(イセキ)
  • KUBOTA(クボタ)
  • MITSUBISHI(三菱)
  • YANMAR(ヤンマー)
 

広和産業で中古田植え機の買い取り

広和産業では、田植機の買い取りも行っています。使用していない田植機はありませんか?不要な農機具は、処分すれば思いのほか高値が付く可能性もありますし、保管スペースを空けることもできます。トラクターやコンバイン同様、ブランド名や型番、稼働時間、エンジンタイプを知らせれば、最初の査定額を教えてくれます。
 
田植機の買い取りブランドは以下の通りです。
  • ISEKI(イセキ)
  • KUBOTA(クボタ)
  • MITSUBISHI(三菱)
  • YANMAR(ヤンマー)
  • SATOH(サトー)
 

広和産業で中古耕運機の買い取り

田んぼや畑を耕す。正にそれが耕運機の仕事です。耕運機は日本の農業になくてはならない存在です。日本の農業を創造してきたとも言える耕運機。今でも多くの引き合いがある中古耕運機は、高値で買い取られる可能性もあります。
 
耕運機の買い取りブランドは以下の通りです。
  • ISEKI(イセキ)
  • KUBOTA(クボタ)
  • MITSUBISHI(三菱)
  • SATOH(サトー)
  • YANMAR(ヤンマー)
 
トラクター、コンバイン、田植機、耕運機以外にも買い取り可能な農機具があります。価格を付けられない農業機械についても、無料で引き取ってもらうことは可能なので、眠っている農業機械があれば、広和産業の査定に出してみることをおすすめします。